父が眠るお墓は、私の安らぎの場所

急な葬儀で喪服に困らないためのヒント

急な葬儀に参列しないといけない場合、喪服に困る人というのは結構いるものです。就職をしたばかりで喪服を持っていないという人はもちろんですが、持っていても困る場合があります。
それは喪服のサイズが合わなくなっているという場合です。要するに、ちょっとその喪服に腕を通さなかった間に、自分のサイズが変わってしまったという場合です。
男性用の喪服ですと、ウエストの部分をかなり調節出来るようになっている礼服があります。それですと、かなり太っても大丈夫なので安心です。
が、ウエスト部分を調整できないタイプの礼服ですと、体重はそんなに変わっていないのに、ウエスト部分はかなりきつくなっていて、チャックを上まで上げるのがやっととか、しまいには上まで上がらないなどという事も有り得ます。
女性の場合もやはりウエストの辺りがきつくなる事が多いです。
ナンバー1豊橋でセレモニーホールがある葬儀会場

 

ですから、急な葬儀に備えるために、礼服は時々ちゃんと着る事が出来るかどうかを確かめたほうがよいでしょう。いざという時、慌てなくてすみます。
ちなみに、もしも急な葬儀があって、慌てて礼服を用意しないといけない場合、レンタルが間に合う場合もあります。覚えておくととても便利です。